お名前シールの種類「ラバーネーム」とは?

かわいいイラスト付きの名前シールから防水の実用的な名前シールまで豊富に取り揃えております。

お名前シールの種類「ラバーネーム」とは?

お名前シールのNAD ホーム > コラム > お名前シールの種類「ラバーネーム」とは?
column-image10

入園入学の準備で大変なことのひとつに、布グッズへの名前付けがあります。入園入学で必要な布グッズは必ずしも全てが白地もしくは薄い色や無地ばかりとは限りません。給食袋や体操着入れなどは、子どもの好きな布を選ばせて作ることも多いため、柄が主張をしすぎて名前を書いて目立たせることができないということも。そんなシーンで活躍するのが、「ラバーネーム」です。ここでは、ラバーネームの特徴と使い方のポイントを詳しく説明していきます。

名前をしっかり目立たせられる! ラバーネームの特徴のご紹介

ラバーネームというのは、アイロンの熱を利用して貼付けるタイプのお名前シールのことです。一番の特徴は、文字とイラストだけを転写するのではなく、白地も一緒に貼付けること。そのため、色の濃い布地や柄の布製品などでも、しっかりと名前を目立たせることができます。

お名前シールのNADのラバーネームは、ユニフォームのエンブレムなどにも使われる丈夫な素材で作られているため、伸縮性に優れて、色落ちやひび割れに強いのが特徴です。さらに平仮名、カタカナ、漢字、ローマ字に対応しているだけでなく、異なるサイズがセットになったものもあるので、入園入学に使う大小さまざまな布製品に対応することができます。まだ文字が読めない子ども用のマイマークとして、335種類のイラストの中からお気に入りのワンポイントをプラスするのもおすすめです。

コツを掴んできれいに貼ろう♪ ラバーネームの貼り方

ラバーネームを貼る際には、アイロンの押さえ方にちょっとしたコツが必要です。詳しい貼り方を見ていきましょう。

1.ラバーネームを貼る布製品を、アイロン台にシワを伸ばした状態で広げます。
2.ラバーネームを接着面同士がくっつかないように、台紙からはがしましょう。
3.布の上にプリント面が上になるようにして、ラバーネームを置きます。
4.付属のリケイ紙をラバーネームとアイロンの間に挟んで、ラバーネームがズレないように注意しながら、両手で体重を乗せるようにしっかりとアイロンで押さえつけます。アイロンの温度は中温(140〜160℃)。
5.布が完全に冷めてから、リケイ紙をゆっくりと剥がしましょう。完全に冷める前に剥がすと、接着が不完全になって剥がれやすくなることがあるので気を付けてください。
※アイロンを当てる際には、アイロンの上から体重をかける「熱圧着」という方法で貼り付けていきます。

ラバーネームを使うときの注意点は?

ラバーネームを使うときには、次のことに注意しましょう。

布の種類をチェックしよう!
ナイロン系のような高温に弱い布や、パイル地のように凹凸のある布、伸縮性の高い布、撥水処理がされている布などは、ラバーネームをきれいに貼ることができないので注意が必要です。
強く引っ張りすぎない
ラバーネームは伸縮性のある素材で出来ていますが、強く引っ張りすぎると剥がれやすくなったり、ひび割れたりすることがあります。
熱圧着はしっかりと!
アイロンを押さえる力が弱いと、数回の洗濯でラバーネームが剥がれてしまうことも。貼付ける際には、熱圧着をしっかりと行うようにしましょう。
避けたいもの
塩素漂白、ドライクリーニング、乾燥機の使用は極力避けましょう。

洗濯頻度の高い布製品でも、安心して使うことができるラバーネーム。耐久性をより高めるためにも、ラバーネームの特徴や使い方をしっかりと理解しておきましょう。